さとう達はしおと遊ぶ

LGBT(L)ビアン『さとう』のブログ。日常、雑記、読書、お料理etc. パートナー『しお』稀に出没。

バラ園part1

全然ブログ更新してませんでした。

クレームきてました。ありがとうございます。

誠に申し訳ありませんでした。

とりあえず只今夜中の3時半、元々皆無な語彙力、文章力が更にぶっ飛んでおりますので

とりあえずお写真はりはりメインでお許しを。

 

過日はわたくし、バラ園に行って参りましたの。

美しかったですわ。私が。

薔薇は私の引き立て役。

嘘ですごめんなさい。

叩かないで。

美しかったです。薔薇が。私が。←しつこい。

冗談です。わかって、ごめんやん。

 

ほい
f:id:sato0319shio:20190606032149j:image

 

ほい
f:id:sato0319shio:20190606032214j:image

 

ほい
f:id:sato0319shio:20190606032247j:image

 

やっぱりいいカメラと撮る方の腕で違いますね~。

写真は実物とは異なります。

 

久々のプライベート撮影会はとっても楽しかったです。

 

ごめんなちゃい、おねむ。

近いうちに、きっと近いうちに

part2あげます。多分。知らんけど。←関西あるある。

 

ご覧くださっている方、ご覧くださった方、ありがとうございます。

おやすみなさい。かな?

おはようございます。かな?

こんにちは、こんばんは。かな?

私はねむいのでおやすみなさいです。

あ、もう半目ですわ。ねるねるねるね

自分の道に責任を

真面目に語ってみたりします。

あくまでも私の考えです。

そもそもこのブログ自体、自己満足、私の脳内だらだら垂れ流し雑記です。

 

最初の記事にてLGBTという言葉をご紹介致しました。

忘れちゃった方、わからない方、復習は此方から。ブログ始めました - さとう達はしおと遊ぶ

 

LGBTと同じような意味で使われる言葉にセクシャルマイノリティ、略して『セクマイ』という言葉があります。

LGBT業界ではよく『セクは何?』という会話が交わされます。

え、何それ、よくわからないんですけど…という方、

性自認が生まれ持った性で、異性が恋愛対象となる方は『ノンケ』さんになりますね。

このノンケさん以外の方がいわゆるセクマイさんです。

 

と語っておいてなんですが(←お得意)

私はノンケさんでもセクマイさんでも、人の性自認が男性でも女性でもどちらでもなくても、どうだっていいです。

それは他人だからという事ではなく、大切なパートナーのしおちゃんの性自認(セク)が何であろうと、どうだっていいです。

何度でもいうようにしおちゃんはしおちゃん、私は私、あなたはあなたです。

 

セクという枠に囚われる必要ないんです。

たまにそれに囚われすぎているセクマイ同士さんでさえ、戦いが勃発しているのをお見かけします。

気持ちはわからないでもないですが、平和にいきましょうぜ。

 

実は私も、昔はしおちゃんに『しおちゃんのセクは一体何なん?!』と詰めてしまっていました。

鳴かぬなら、鳴かせてみよう、ホトトギスです。

それでも何だか頓珍漢な回答をするしおちゃんに

鳴かぬなら、殺してしまえ、ホトトギス

…まではいかないですけど、イライラしてました。

男?!女?!どっちでもないの?!何なん?!という、今思えば愚問でしたよね。

いわば死に際にお肉食べたい?!お寿司食べたい?!どっちも食べたくないの?!という質問のようなものです。

ねぇ、それが漬物かもしれないし、カニかもしれないし、カニカマかもしれないのにね。(私の好物)

何だっていいじゃないですか。答えはひとつじゃなくていいじゃないですか。

 

しおちゃんがどう生きたいのかわからなかったんです。

『もし自分が治療したいって言ったらさとちゃんはどう思う?』とか

いや、それ、私が言ったからするとかせーへんとか決める事じゃないでしょう。って。

それで私がしないで欲しいと言ったらしないというしおちゃんも嫌ですし、私自身がそんな彼女にもなりたくなかったんですよね。

どうも私の顔色を伺っているような気がして、しおちゃんの意図が読めなくて、腹がたってたんですね。

 

ですがそれは最初の方だけで、今はしおちゃんがありのまま、生きたいように生きてくれているのがわかるので、

鳴かぬなら、それでもいいよ、ホトトギスです。

ホトトギスが鳴かないといけないって、誰が決めました?

アインシュタインの名言に『常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう』がありますね。

確かに人としての常識、モラルを大切にしなければならない事も忘れてはいけませんが。

しおちゃんがありのまま、生きたい道をいけばいいんよ。

 

何故私がこれほどまでしおちゃんにイライラしたのかというのは、私の大切な人にFTMさんがいたという理由がありました。

彼は生まれたときの性は女の子でした。ですが気持ちは男性です。なので私からすると男性ですし、本人も男性です。

 

私は彼が昔から傷付いているのを、俯いているのを、自分が自分じゃない苦しみをずっとそばで見てきました。

本当は男性として扱ってほしい。

本当は背筋を伸ばして歩きたいけど、胸が気になり猫背になってしまう。

本当は自分からどんどん人に挨拶したいけれど、声が気になって話せない。

 

私はたまたま、女性として生まれ、女性の心で育ったので彼の苦しみが100%はわかりません。

だけど、もし私が男性として生まれていたら…と考えると、彼のツラさは相当なものだという想像をすることはできます。

批判する奴らや、心ない刃を向ける奴らは、

彼がどれだけ苦しんできたのか、

笑顔のなかに隠している未だに残る苦しみが、想像できますか?

 

ですが彼はとても優しい子です。

自分の境遇を恨むことない子です。

親を責めず自分を責めました。

自分が傷付いたときより、自分が人を傷つけてしまったときに泣く子です。

 

彼を尊敬しています。

彼が自分で生きたい道を生きるというのならば、私は、彼の決めた責任を応援するという責任を持ちます。

絶対的な味方でいるという責任を、私は彼の為なら背負います。

そりゃリスクだって想像してますよ。

治療をすることでしんどいのも苦しいのも想像してますよ。

心配じゃないはずないですよ。

だけど、私はきちんとそこにも応援したという責任を持ちます。受け止めます。

どんな困難もこの私(←)がついてれば怖くないわ。

 

 

だからね、私はしおちゃんの生きたい道だって、しおちゃんが決めたことなら体ごと、心ごと、いっしょに責任持って飛び込みますよ。

 

誰がなんと言おうと間違ってない。

どういう生き方しようが、自分の決めた道なら自分の生き方に最後まで責任持ちましょう。

その責任が持てる人を応援するのが私の責任です。

 

そして私も勿論、私の決めた道に責任を持って歩むことが私の責任です。

それを応援してくれる大切な人がいてくれることにいつも本当に感謝しています。

ありがとうございます。

 

 

あ、私の書いた記事をあたかも自分が書いたかのように書いてくるの、やめろよ\(^o^)/

共感してくださったり、感化してくださるのは嬉しいけど、自分の言葉で伝えなね。

 

 

楽しい写真で〆♪f:id:sato0319shio:20190513155725j:image

 

しおちゃん首に湿布貼ってるの丸見えやでぇ。

 

 

 

GW後半戦

じゃじゃん♪

f:id:sato0319shio:20190509135835j:image

ちょぴっと酔っ払いの自撮りからどぞ。

ふと思ったんですけど、インカメ自撮りって絶対何割り増しかで可愛く撮れてますよね。

 

パートナーのしおちゃんはインカメでツーショット撮るとほぼほぼの割合で目線がズレます。

液晶に映る私を見ちゃうらしいです。可愛い奴め。

 

前回のブログ、コメントありがとうございます。反映させてなくてごめんなさいね。

BOOK・OFF行きましたよ☆

GWの予定は飲みとBOOK・OFFに行く事しか計画してなかったですからね。

 

残念ながら今回惹かれる本には巡り会えず、沖縄のガイドブックだけ購入して帰ってまいりました。

しおちゃん宅でのんびりごろごろ、沖縄についてお話したり、大富豪したり(ハマってるねん)。

あ、餃子パーティーしましたよ。タネはしおちゃん任せ、晩御飯もしおちゃんが作ってくれてました。

その間の私はというと、例の大声で歌いながら筋トレや、ちょこまかと、しおちゃんの邪魔をしています。←手伝え。

しおちゃんのお尻を丸出しにして、何事もなかったかのように去って行きます。

もう当たり前になっているので、しおちゃんもお尻丸出しでお料理してます。おかしいで、しおちゃん。←おまえや。

 

あ、しおちゃんね~(書いた事ありますかね)お料理上手なんですよ。美味しいんです。

お尻丸出しで作ってるけどね、おかしな光景ですけどね、美味しいんです。

ご馳走さまでした。

 

さてさて、GW後半はまた私宅へ二人で帰宅します。

よってGW期間中は、私宅泊まり→しお宅泊まり→私宅泊まりという感じでしたね。

何故こんな風な感じになるかと言いますと、前回の記事に書きましたように私達はプチプチ遠距離なので少し長い電車移動になるのですね。

実は私がひとりで電車に乗るのが苦手なのです。

なのでしおちゃんがわざわざいつも送り迎えをしてくれるんです。

しおちゃんは『当たり前』と言ってくれてますが、毎回毎回二人分の交通費を使って、しおちゃんの貴重な時間をかけての送り迎えが当たり前なわけありません。

いい大人が電車苦手とか情けない話ですが、ごめんなさいって思いますが、それよりいっぱい、いつも本当にありがとう。

 

 

GW後半、そんな大好きなしおちゃんと、これまた大好きな親友ちゃんと、またまた大好きな幼なじみ君と飲みに行きました~。

大好きな人達に囲まれる…幸せすぎます。


f:id:sato0319shio:20190509145816j:image

二件めで親友合流。

 

一件めはしおちゃんと幼なじみ君が初対面でした。

私、恋人を幼なじみに会わすのって初めてなんです。

幼なじみ君はね、お互いの親同士も知り合いで、赤ちゃんときから仲良しで、親友のようであり、家族のようであり、お互いが成長し合える貴重で大切な存在です。

そんな私達の関係がなかなか理解されず、しおちゃんも最初は『んー』と思ってたみたいです。

が、私の話を聞いてるうちに『すごくいい関係や』ってなってくれました。

 

今回いざ初対面の日。

歴代の私の恋人の事を『俺は会ったら喧嘩になるで!どうさとうを大切にするんやってめっちゃ詰めるで!』と言っていたあの幼なじみ君がしおちゃんのことを『しお姉』と呼んでくれ、

しおちゃんも『ホンマ●●君(幼なじみ)はいい男や!』と、

二人ともすごく打ち解けてくれました。

 

帰り際はいつものように幼なじみ君が私達を家まで送ってくれました。

その道中、幼なじみ君がしおちゃんに『めんどくさいとこもあるけど、なんだかんだ可愛い特別大切枠やからよろしくお願いします』って、こそっと言ってるの聞いて、泣きそうになったことは秘密です。

酔っぱらってても忘れへんからな、私は!(`・∀・´)

えーなになにー?言いながら聞こえてたで!(`・∀・´)

しおちゃんもしおちゃんで『これからもさとちゃんのこと、よろしくね』ってもう私幸せ者すぎませんか。

ありがとう。泣。

 

それに比べて親友ちゃんはですね、私をいじる、いじる!

『ホンマ、さと、めんどくさいし心狭いし、ぴーぴーぎゃーぎゃー言われてしおちゃん大変やろ?!』

『痩せすぎてて一緒に温泉入ったときとかミイラと入ってるんかと思うでな』

『大体お風呂の時間長すぎんねん!やっと上がったと思ったらクリームぺちぺちし出してまだ終わらんのかと思うもんな』

もうただの悪口ですわ。

 

そんな事言ってるけどなぁ、親友ちゃんだってめんどくさい性格してて、実は私より乙女で可愛いことだって私は知ってるんやからな(  ̄▽ ̄)にやり。

 

フォトウェディングの沖縄ついてくるって言ってますし。

京都行って着物写真ふたりでとったら待ち受けにするって言ってますし。

『さと、私のこと大好きやもんな』ってお互い様なの知ってますよ。

だから私の大切な人もいっしょに大切にしてくれるんでしょ。

可愛いこですよ。

 

 

今回のゴールデンウィーク、特別なことは特にしておりませんが、

とても貴重で大切な時間でした。

改めてみんなにありがとうございます。

 

 

GW前半戦

終わりましたね。黄金週間。


f:id:sato0319shio:20190507165928j:image

パートナーのしおちゃんと♪会えない日々がまた始まる~♪です。

 

最近ちょくちょく聞かれるんですが、私達同棲してませんよー。

普段はLINEと電話でのやりとりで、会うのは2週間に1度くらいのペースですね。

後は数ヶ月に一度くらい、1週間程何もないしおちゃん宅(←また怒られるよ)に軟禁生活か、です。

なんせ、少しばかり距離があるものでして。

県2つまたぐんですよ。

お仕事終わりにちょっと一杯かまそうぜ~ぃって距離ではないのです。

 

寂しい寂しいでしょ?

でも私は割りとそのあたりリアリストなので『寂しい言うてても会われへんもんは会われへんねや』と割り切る、可愛いげのないタイプです。

ずっと会ってるときはにゃんにゃんデレデレなんですけどね~、会ってないときとか会いたて早々はツンツンしてます。

ごめんね、しおちゃーん。

ちゃんと好きなんは好きやねんでぇ。

 

はい、おのろけはこの辺で。←また出てきますけど、許してね。

 

GWしょっぱな一代イベントは、自慢の大好きなおばぁちゃんのお誕生日会からスタートしましたー。


f:id:sato0319shio:20190507170843j:image

行きつけのイタリアン?です。

2階が個室みたいになっていて1グループのみなんですね。

で、今回その2階に通されたんですけど、お手洗いが2階にしかないんですよ。

その為1階の人が2階に上がってこられるんですよ。

ドア空けてたらお手洗いすぐそこ、状態ですね。

 

私達は店員さんがお料理を運んでくれやすいようにドア開けっ放しにしておいたのですが、お手洗いに上がってくるお子ちゃまがまぁ、やかましい。

いってもお子ちゃまなのでそこは仕方ないですよ、罪はないですよ。

注意しない親よ親。下手すりゃ親のがやかましいという世も末状態ですわ。

しかもですよ、

お手洗いのドアを閉めない~~~♪

終わった後じゃなく、最中~~~♪

 

それを見逃さなかった祖母と母。

『何で注意せーへんねんや!』

『ドア閉めてせぇよ!』

p(`ε´q)ブーブーぷんぷん。

この祖母にしてこの母あり、そしてこの私。

血の繋がりってすごいですね。てへ。

 

まぁそんなこともありながらですが。

おばぁちゃんがお腹いっぱい食べて、喜んでくれて嬉しかったです。

来年も楽しくお祝いしようね。

 

 

そして次の日しおちゃんと合流。

私宅でのんびりしてーお泊まりしてー

その次の日にしおちゃん宅連行ー。

 

この日はね、しおちゃんとしおちゃんのお友達のCさんと3人で飲みに行くお約束してたんです。

Cさんは元々しおちゃんのお友達さんでしたが、今では私もお友達ですっ。

それがまた可愛くて優しいおねえさまです。嬉しいです。

 

Cさんの恋愛話になって、『何でしおちゃんは私を受け入れられたのか』という流れの話になりました。というか私が聞いたのでしょう。

しおちゃん、お酒が入っていたのもあったのか真剣に語ってくれました。

 

しお『確かに難しい所はあるし、どう接したらいいのかとか悩んだ事もあった。けど、さとちゃんはさとちゃんやし、それを上回る素晴らしい人間性に惹かれたから、ハンデは後付けにしかならんかった』

という言葉に じーーーん(;_;)

あ、これ私が話盛って書いてるとかじゃないですよ?

盛って9割くらい。(←もう嘘やん)

いや、冗談です。確かにこういう感じの事を言ってくれてたはずです!

酔ってたからあまり覚えてないんですけどね、ジャスミンティーで酔ってたからね、←

確かこういう感じでしたよね、しおちゃん?

って言ってもしおちゃんの方が覚えてないかもしれません。

これを期に言ってたよと洗脳しときます。

 

時間制だったので二時間じゃお喋り足りず、二次会カラオケ♪


f:id:sato0319shio:20190507174211j:image

Cさん、お歌がお上手なのはある理由から存じておりましたが、

まさかあれほどお上手だとは…!!

もうね、プロですよ、プロ。プロよりプロです。

聞いてて鳥肌立ちました。

後に歌う羽目になった私、トテモ恥ズカシイデシタ。

しおちゃんはゴクドルズとか歌い出すし。←アニメの歌です。わかる人はわかってください。

私達ネタ枠でした。

 

Cさーん、素晴らしい歌声ととーっても楽しい時間をありがとうございました(*^^*)

また是非遊んでくださいね。

 

勿論しおちゃんも、いつも楽しい時間と笑いの提供をありがとーっ。

 

人間らしく生きよう

この記事に合う写真がないので(私のブログあるあるですね)とりあえずGWにパートナーのしおちゃんに振る舞ったお料理、先に載せておきますね。


f:id:sato0319shio:20190506121656j:image

しおちゃん宅、オーブントースターがないので(←)グラタンにしてみました。

と、ポトフ、貝割れと油揚げお浸し、後はお皿にのっけただけの食材達です。

ご飯はタケノコご飯で、こちらは母がしおちゃんがお泊まりにくるというので作ってくれました。

我ながら素晴らしい母親です。

ありがとう、ご馳走さまでした。

 

残念ながらこちらでほっこり話は以上となります。
ここからは、どうしても自分の中で消化しきれずにいることを書きます。

 

※注意※

なので胸糞悪い話です。

ニュース関連のお話です。

多少(いや、結構?)お言葉遣いが荒くなります。

何も面白くない真面目な雑記です。

それでも大丈夫な方は続きをご覧くださいm(._.)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

某駅のビルで飛び降りがあったとの事です。

私は引きずりこまれやすいタイプなもので(嫌なタイプですわ)ニュースは基本見ないようにしてるんですが、どうしても流れてくる情報は避けようがありません。

 

飛び降りした方にどうこう言うつもりもないですし、それを考えることもないです。

私はその方の人生とは関係のない所で生きてきた、生きています。

冷たい言い方に聞こえるかもしれませんが、亡くなった誰かの人生に責任を持って飛び込んでいけていた勇気がない限り、私には何も言う権利もなければ、考える権利もないんです。

 

私が言いたいのは、考えてしまったのは、

その飛び降りの瞬間を写真や動画におさめていた人間の形をした物体どもの事です。

どういう神経してたらそんな事が出来るんですか?

何考えてんねん。到底理解できません。理解したくもありません。

 

前に同じ某駅で、突然倒れられたおじいさんがいました。

私はしおちゃんとその反対側を歩いていたのですが、おじいさんとご一緒だったおばあさんの悲鳴ですぐに駆け付けました。

私達は『大丈夫ですか?!』と声かけしながら一生懸命でした。

おばあさんは勿論パニックです。

周りの人は立ち止まって呆然としてる人、何もないように通りすぎていく人ばかりでした。

 

何で?って思いました。ねぇ、何でそんなに人の痛みがわからない?

おじいさんがどれだけしんどいのか、おばあさんがどれだけ不安か、お前ら考えへんのかって。

おばあさんが『誰か救急車お願いします!』って必死のSOSを何で無視できる?

私が『呼びます!』といって救急車を呼んでいる間も誰も何もしないんです。

お前ら、それでも人間かよ!

 

私は医療行事者ではないので、私に出来る事は限られています。

言ってしまえば何も出来ません。

何も出来ないけど、何もしないではいられなかったんですよ。だって人間ですもん!

 

その間唯一ひとりの女性(看護師さんだったようです)が、駆け付けておじいさんに大丈夫ですか!とお声がけしておられました。

その方は自分の持っていた荷物を放り出して駆け付けておられました。

私はこの方に敬意を示します。

 

私は救急車を呼ぶこと、女性の放り出した荷物をお預かりすること、しおちゃんとしゃがみこんでおじいさんの様子を伺うことしか出来ない、ちっぽけで無力な自分を痛感しましたが、

それでも恥ずべき行動をしたとは思いません。

自分を人間らしいと思えます。

 

学生時代、ある授業で『~らしさ』について考えるというものがありました。

女性らしさ、男性らしさ、(←この辺を人に求める事は今の時代ではナンセンスですね)

自分らしさ、など。

そこである子が『人間らしさ』と答えました。

あぁ、この子すごいなと思いました。

 

そこで何が一番大切か、勿論自分らしさも大切だと思いますが、私が一番大切だと思ったのは、人に求める大切なことは、

人間らしさだったんです。

今でもそれは切に思うことです。

 

動物じゃないんだから、猿じゃないんやから、人間として生まれてるんだから、人間らしく生きたいです。

 

なぁ、飛び降りの瞬間を写真や動画に撮ってアップしてる奴ら、

なぁ、人の必死のSOSを簡単にスルーできる奴ら、

それ、来世で人間以外に生まれ変わってからしてや。

同じ人間として恥ずかしいねん。

 

リア友さんはご存知でしょうが、あまり知り合って間もない人には意外と毒舌だと言われます。

が、私だって人間なので言うときは言います。言いたいときは言わせてください。

 

それで周りにどう思われようが、情緒不安定だと言われようが、(←)、いいんです。

人間やねんから情緒いつも安定の方が怖いやろ。

 

誰かが何気なく出来ることが、私には難しかったりします。まぁ、ニュース見ないとかもそういった理由からですね。詳細は省きます。

そんな自分が時々嫌になるときもあるけれど、

それでも受け入れてくれる大切な人達がいるから、私は私を卑下することなく私らしく人間らしく生きてられるんです。

 

大切な人達を思ってたら少しスッキリしました。

おおきに。ありがとうやで。

 

ご報告

ご存じの方もいらっしゃるでしょうが、改めまして。

 

来年の6月にパートナーのしおちゃんと沖縄の海でフォトウェディングをすることとなりましたー!!

わーーーい!(*’ω’ノノ゙☆パチパチ~

 

それぞれの親にお話をして、認めてもらってからブログ更新をしたかったのです。

やっとお知らせ出来て嬉しいです。

来年、2020年ということで まだまだ先のお話ではありますが、善は急げということで今から色々と計画を立てております。

 

フォトウェディングというと、

まぁ軽い感じのノリで?結婚式の前撮り的な?記念撮影の延長線上の?と思われるかもしれませんが、私達、私にとったら全くそんな事はありません。

LGBTカップルである私達が、今の日本では簡単に籍が入れれないからこその、大きな決断です。

 

と言いながら。

最初しおちゃんからウェディングフォトの提案を受けたときはイマイチ、ピンとこず、正直今でもまだしっかりとした実感はありません。

が、いろんな人に相談したり、沖縄のフォトウェディング業者さんを調べてやり取りしていくうちに段々と。

そして先日母にお話したときに『ワガママな娘ですけど、よろしくお願いします。…ってこんな感じでいいんかな(*´ω`*)』という言葉に、

あぁ、ずっといっしょにいるってこういうことなんだな、私はずっとしおちゃんと共に歩んでいくんだな。という確信が生まれました。

 

お友達も喜んでくれて、あるお友達なんかは妹さんがオーダーメイドで作られたウェディングドレスを差し上げます! と言ってくださいました!

いや、もう、ほんと天使ですか。恐縮すぎます、嬉しすぎます。

ありがとうございます!


f:id:sato0319shio:20190424002311j:image

この写真は、とあるウェディング会社さんに併設された、ドレス屋さんに飛び込みで行ったら(普通は予約制らしいです)

『特別ですよ(*´ω`*)』と試着させて頂きましたー。

しおちゃんこの時点で泣いちゃいました。

やめてよー貰い泣きしちゃうー

本番はメイク崩れるから泣かんとってや( ;∀;)

 

もうほぼほぼ業者さんは決まっていて、来年予定でも予約は可能らしいので、ゴールデンウィークあたりに予約しちゃおうかと思います。

マリッジブルーとかあるんでしょうか?

…その前にまだプロポーズをされていません!

というとしおちゃんに毎回爆笑されます。

何で(´・ω・`)

 

どんなウェディングフォトにしたいのか、するのか、

楽しみながらいっぱい悩みたいと思います。

まだまだ至らない私達ですが、これからもよろしくお願い致します。

思い出を加工すな

パートナーのしおちゃんと久々ユニバーサルスタジオジャパンへ行ってきました。


f:id:sato0319shio:20190422204422j:image

って、このルパンのやつ乗ってないんですけどね。

しかも車の上の人切れちゃってます。

 

今回、お目当てがユニバ×シング コラボ。

映画本編も映画館にしおちゃんと観に行った為、余計観たかったんです。

 

私一見 夜のイベントやクラブ好きだと思われる事あるのですが、実際とても苦手です。

が、お昼のこういうイベント行事は大好きです。

 

当日はミニスカートにハイヒールという、とても真面目にユニバを満喫しようという気がないような出で立ちですが

私は至って大真面目。

ヒールでユニバに来る人ありえへん、

私から言わせればこのありえへん、が、ありえへん、なのですが、あまり分かってくれる人はいません。

これが慣れてるんです。

 

それで140分待ちですよ。

自業自得だけどツライ。

いや、普通にヒールじゃなくてもツライ。

ですが進むのが遅すぎて皆座ってたので私達も座ってました。

 

ほい。


f:id:sato0319shio:20190422205759j:image

写真撮影大会。

しおからぎゅーの

あっぷっぷーの

さとからぎゅーの

渾身のぶりっこ。

このユニバに来たのに全くユニバ感のない写真をひたすら100枚近く撮っていました。

ムービー載せたいんですけど載せれないんですね。

 

前に並んでた若い子達もなんかのアプリで一生懸命撮ってました。

ここで先日親友と電話で話した会話が思い出されました。

 

『加工アプリが悪いとは言わん、楽しんでいいと思うんやで、けどな。人生節目節目の思い出のときってあるやん。結婚とか、入学とか、卒業とかな。そんなときに加工アプリで写真撮るって、もう顔変わってもーてるからな!!子どもの成長とかわからんからな!!

思い出を加工すな!

という名言が生まれた爆笑会話でありました。

思い出加工…。

ソッコーしおちゃんに話して

とうとう世の中もこんなとこまできたんやねぇ

としみじみしていたアラサーとアラフォーなのでありました。

 

あぁ、いつもの事ながら話の脱線失礼しました。

140分しっかりめに並んだシングは、まぁ、はい、1回観れて満足かな。くらいの。

もっとノリノリかと思ってたんですけどね、ジャパニーズ、シャイデスネ。

 

その後は特に何も乗り物に乗ることなく、

ちょっとユニバ感あるとこで写真撮り(それが一番上の写真なったわけです)、

子どもが飛ばすシャボン玉にはしゃぎ、

ご飯食べて 帰ります。

 

帰りの電車内、皆座りたいですよね。

私は数駅程度なら全然立ってられるのですが、しおちゃんが私を座らせてくれようと毎回一生懸命頑張ってくれます。

いっぱいで座れなかったのでドア付近に立ってたのですが、ビックリびっくり。

隣に座っていた女性がひとりで二人分の座席に荷物を広げて、(いやもうこの時点でおかしいですけど)更に何していたと思いますか?

フルメイクですよ。

 

あの滅多に怒らない温厚なしおちゃんが

『いや、ブ●は何しても●スやぞ。』と毒づいてました。

私はおかしくなってきて、次は何をし出すのか気になり気になり。

お馬さんみたいなお顔でアイライナーを引きはじめられた時には、もう感動さえ覚えた次第でございます。

 

とうとう世の中もここまできたねぇ。

 

まぁでも私には関係ないので、しおちゃんとユニバデートで楽しかったでーす。

思い出加工してない写真もいっぱい撮れたよ!てへ。